たねやつの木

カリグラフィーとかいろいろな雑記。

jinhao 450 x Zebra タマペン

f:id:ibuquicallig:20170208220939j:plain

 

タマペンをjinhaoにつけてみたが、結果としてはGペンのようにはウマくいかなかった。

 

Zペンとタマペンを比較してみても、根元の部分のR(曲がり具合)はほぼ変わらないものの、若干タマペンのほうが金属の板が分厚く、Gペンの様にはすんなりとペンの軸に収まってくれなかった。

ペン芯を取っ払って、直接ペン軸にタマペンを差し込む(画像)と何とかはまってくれた(意外とジャストフィット!)。が、これでは万年筆に取り付ける意味がない。(笑)

書き心地としては、Gペンに比べて、かなり線が細く、下から上に向かう線のときに紙に刺さる。それ以外では、Gペンよりも書いているときの摩擦(?)が少なく、かなりぬるぬると筆記できる。力を入れてもGペンほど銃何ペン先が開かず、線の強弱をつけにくい。(←カリグラフィーには致命的か)

慣れてくれば、もう少し線が太くなるのかもしれないが現状ではあまりカリグラフィー向きではなさそう。

タマペン用のペン軸を買って、別の用途に使用しようかしら...